【上向き美乳に戻す!】胸が垂れる原因と垂れ乳を治す3つの改善策!

最近なんだか胸が垂れてきた気がする。このまま垂れ続けて、さらに形の悪いバストになってしまったらどうしよう…。(涙)

今、このような事でお悩みではありませんか?出産・授乳・年齢…さまざまな理由でバストが下垂しますが、実際に自分のバストが垂れていくのを見ると、焦りやショックの色を隠し切れませんよね…。

なので今回こちらでは、そもそもなんで胸が垂れるのか?という原因と、垂れ乳を改善する3つの方法をお伝えしていきたいと思います!

垂れてきた胸に終止符をうち、誰もが羨むような上向き美乳を手に入れたい…!そうお考えであれば、ぜひ最後まで読んでみて下さいね^^

年齢を重ねるたびに垂れる胸…30代~40代に多いバストのお悩みとは?

ではまず初めに、胸が垂れる…というお悩みについて、内容をより具体的に見ていきたいと思います!ネット上での声を調べていくつか厳選してみたので、順番にご覧ください。

胸が垂れる事に関するお悩みをYAHOO!知恵袋で探してみた。

2人の子供を完全に母乳で育てました。2人目の授乳が最近終わったんですが、一気に胸がしぼんで垂れてきた気がします…。

旦那からは「大丈夫!気にする事ないよ!」と言われますが、かなり気にしてしまいます。垂れ乳を治す良い方法はありませんか…?

30代後半の女性です。最近若い時に比べて、バストの位置が下がってきた気がしています。ブラを外した後に自分のバストを見ると、なんだか老けて見えるので凹みます…。

垂れた胸に良いブラを探しています。出産経験あり・Cカップというスペックですが、さすがに40代に差し掛かってくると垂れてきました。

自分は胸が小さいから将来は垂れない…!と思って、カップ付きキャミで過ごしていたのが悪かったのでしょうか…?年齢も年齢なので、しっかりとしたものを選びたいです!

産後・授乳後・加齢…さまざまな理由で胸が垂れてきたと感じている方が多い…!

ネット上で胸が垂れてきた…とお悩みの方の意見を詳しく見てみると、出産した後・授乳後・歳を重ねるごとに気になってきた…などの意見が多かったです。

バストが元々大きいという場合だと、20代でもうバストの垂れを気にし始めている…というパターンもありました。その他は大きさ関係なく、授乳後・40代になってから胸の垂れが気になってきた…という意見が多い印象です。

遅かれ早かれある程度バストは垂れていくんだろうな…と思いつつも、実際に自分の胸が垂れていくのを実感すると、そのショックは大きいですよね。

悩んでいるのはあなただけでなく、多くの女性が感じるお悩みだという事が分かっています。気にしすぎるとストレスが溜まってしまうので、できるだけ深く悩みすぎないようにしましょう。

まず大切なのは、バストがなぜ垂れるのか?という原因を知る事です!原因を知る事ができると、改善策がハッキリとしてきます。なので続いては、バストが垂れるメカニズムをお伝えしていきますね!

そもそも年齢と共になぜ胸が垂れるの?メカニズムを徹底解説!


出典:WACOAL WEB STORE

では早速、胸が垂れる仕組みについてお伝えしていきたいと思います!まずは年齢によるバストの変化を上記の画像でチェックしましょう。

こちらは大手の下着メーカーである「ワコール」が発表している、年齢とバストの変化を表した図になります。バストが垂れる順番と、年齢別でどの段階の人がどれくらいいるのか?が分かりますね。

こちらの画像でいうステップ1が胸が垂れる始まりです。早い方だと20代から…30代に差し掛かると、もうほとんどの人が少なくとも「デコルテからボリュームが落ちてきた…」と感じているという結果になりました。

そして40代になると、もう半分以上の方がステップ2・3のゾーンである、本格的にバストが下向きになり垂れているという状態になる事が分かります。

では続いて、なぜこのように年齢を重ねる事で胸が垂れるのか?という具体的な原因に迫っていきましょう!

胸が垂れる原因はこの5つにまとめられる!

メカニズムが分かったところで、いよいよ次は胸が垂れてしまう原因についてです。

この原因は以下のとおり全部で5つあります。

胸が垂れる5つの原因
  • バストの重力でクーパー靭帯が伸びる。
  • 女性ホルモンの分泌量が低下する。
  • 自分に合わないブラを着けている。
  • 出産・授乳を経験した。
  • 猫背で姿勢が悪い。

それぞれ順番に見ていきましょう!

胸が垂れる原因①:バストの重力でクーパー靭帯が伸びる。

バストは90%が脂肪で出来ていて、大きさによって様々ですがそれ相応の重みがあります。重みがあればあるほど下向きの重力が強く働くので、バストを支える繊維のような部分である「クーパー靭帯」も引っ張られます。

クーパー靭帯は引っ張られると伸びる性質があり、伸びるとそのままバストが垂れるんです。(涙)歳を重ねるごとに重力を受けている期間も長くなるので、若い時に比べて胸が垂れるという現象が起こります。

胸が垂れる原因②:女性ホルモンの分泌量が低下する。

女性ホルモンが一番多く分泌されるのは、25歳あたりと言われています。女性ホルモンの分泌量が多いとバストの根本部分である「乳腺」が発達し、上向きでハリのあるバストをキープする事が出来るんです。

しかし、25歳を境に女性ホルモンもだんだんと分泌量が減り、40代に差し掛かるとさらに勢いを増して減少してしまいます。そして女性ホルモンの影響で胸のハリが無くなり、胸が垂れてしまう…という仕組みです。

胸が垂れる原因③:自分に合わないブラを着けている。

自分のサイズよりも大きい・小さいブラを着けていると、正確に胸をサポートする力が弱まり、クーパー靭帯を伸ばしてしまう原因になります。

また、寝ている時に昼間のブラを着けている・ノーブラであるといった事も、バストが垂れる原因の一つです。昼・夜両方とも適切なブラを着ける事で初めて、クーパー靭帯を正しく守る事ができます。

胸が垂れる原因④:出産・授乳を経験した。

出産間際~出産直後は、赤ちゃんに母乳を与えるため乳腺が発達しバストが大きくなります。しかし授乳を終えるとその役割も終わり、乳腺の発達が低下する→バストが垂れる原因になるんです。

また、授乳をしている間は赤ちゃんに胸を引っ張られている状態になりますよね。その状態が毎日続くので、自然とクーパー靭帯が伸びてしまい胸が垂れる…という現象が起こります。

胸が垂れる原因⑤:猫背で姿勢が悪い。

姿勢が悪いとそれだけでバストトップの位置が下がって見えます。肩の位置が前のめりになり、バストがグッと体の内側に入ってしまうためです。猫背の状態がずっと続く→垂れやすいバストを作る原因となってしまいます。


こちらでお伝えさせて頂いたことをまとめると、胸が垂れる原因は「年齢によるもの」「そのほかのライフスタイルによるもの」の2つに分けられるという事です。

年齢によるバストが垂れる原因
  • バストの重力でクーパー靭帯が伸びる。
  • 女性ホルモンの分泌量が低下する。
ライフスタイルによるバストが垂れる原因
  • 自分に合わないブラを着けている。
  • 出産・授乳を経験した。
  • 猫背で姿勢が悪い。

パッと見たかぎりでは、防げそうな原因もあれば防げない原因もあるんじゃ…?といった印象ですよね。その点を踏まえて続いては、垂れた胸を戻すことは本当に可能なのか?という事について、お伝えしていきたいと思います。

垂れた胸を戻す・治すのは可能?それとも戻らない…?気になる疑問の真実はこれ!

垂れた胸を戻すことができるのか…?というのは、最も気になるところですよね。こちらについて、先に結論から言うと「100%は戻すことは不可能、ただ年齢よりも若々しく見られるバストを作る事は十分に可能!」というのが答えになります。

先ほどもお伝えしたバストを支えるクーパー靭帯ですが、実は一度伸びると二度と戻る事はありません。なのでクーパー靭帯の伸びを完全に戻し、20代前半のようなバストを取り戻す…!というのは、残念ながら無理があるといえます。

ただこのまま何もしなければ、あなたのバストは垂れていく一方になるのも事実です。垂れ乳に有効なバストケアを行う事で、胸の老化を遅らせる・今よりもバストトップの位置を上げる事は出来ます!

すぐに結果が出るとは保証できませんが、何らかのバストケアを始める事で半年後・5年後・10年後のバストは、同じ年齢の女性と比べて若々しいという印象になるでしょう。

垂れ乳のバストケアを始めるのに、遅すぎるという事はありません。思い立ったが吉日なのです!垂れた胸に効果があるバストケアを実践し、上向き美乳をGETしましょう。

【胸が垂れるのを防止する】とっておきの改善策を3つお伝えします!

では早速、これ以上胸が垂れるのを防止する・上向き美乳を手に入れる方法を、お伝えしていきたいと思います!

バストが垂れる原因を踏まえた、とっておきの改善策が3つあるので順番に見ていきましょう。

方法 期待できる効果 おすすめ度

自分に合ったブラを着ける
  • クーパー靭帯の伸びを防ぐ。
  • 冷え性を改善してホルモンバランスを整える。

大胸筋・背筋を筋トレで鍛える
  • クーパー靭帯をサポートする力を上げる。
  • 姿勢が良くなりバストの位置が上がる。

生活習慣を徹底的に見直す
ホルモンのバランスを整える。

※各項目をタップすると、詳しい内容へとスクロースします。

胸が垂れるのを防止する方法①:自分に合ったブラを着ける。

まず胸が垂れるのを防ぐのに一番大切なのは、昼のブラ・夜のブラの両方をそれぞれ適切なものにするという事です!

垂れてきたバストには、それを防ぐ事のできる専用のブラを着けるのが一番効果的です。逆に言うと、いつまでも昔のブラを着け続けると、それこそ垂れ乳を加速させてしまう原因となります。

歳を重ねるごとに、バストが垂れる+ぜい肉が背中・脇に溜まりやすくなるので、それを解消するような「脇下のデザインが広い・下からしっかりとバストを持ち上げる」といったパワーがあるブラを選ぶ事が大切です。

ふわりみではたくさんのブラについて研究していますが、その中でおすすめの昼ブラ・夜ブラをそれぞれ1枚ずつ、お伝えさせて頂きますね!

胸が垂れるのを防止してくれる昼ブラ:胸不二子ブラ(HEVEN JAPAN)

値段 7,400円(税抜)
サイズ B~E/アンダー65~80
5色
販売元 HEVEN JAPAN

胸不二子ブラの口コミ

デザインがとても可愛い♪バストの大きさはあるけど垂れてしまった…という悩みがある場合にピッタリです。コンプレックスを大幅に改善できる素晴らしいブラだと思いました。

しっかりとした補正下着なのに、デザインが可愛いのは珍しいと思いました!ストラップが細いので、デートの時にも大活躍してくれます◎

初めて付けたときに、しっかりと自分の胸がリフトアップされたのを見て驚き…!値段は高いですが、生地がしっかりしている+機能が素晴らしいので、とてもおすすめです。

なんともネーミングが面白い「胸不二子ブラ」!こちらのブラは、バストが垂れてきたのが気になる30代・40代の方のために作られたブラです。

大人の盛りブラ♪というコンセプトがあり、デコルテの部分からナチュラルなボリュームを出すことができる構造になっています。

しっかりと胸の形が補正できるのに、デザインが上品で可愛らしいのも人気の理由^^活動量の多い昼間でもしっかりとバストを下から持ち上げたい…!そうお考えの場合に、ピッタリのブラだと言えるでしょう。

胸が垂れるのを防止してくれる夜ブラ(ナイトブラ):Viage(ヴィアージュ)ビューティーアップナイトブラ

値段 2,980円(税抜)
サイズ S・M・L
5色
販売元 掘り出しバザール

Viageビューティーアップナイトブラの口コミ

着心地がとても良く気に入りました!脇から背中のラインが太めのデザインになっているので、しっかりとカバーしてくれます。

寝ている時に仰向けになっても、バストの横流れがありません♪綺麗な形をキープできるのでおすすめです。

寝ている時に着ける専用のナイトブラ^^ふわりみでは実際に人気のナイトブラを30種類購入して、すべて効果を調査しましたが、その中でも一番垂れ乳におすすめなのが「Viageビューティーアップナイトブラ」です!

Viageのナイトブラは、脇肉をしっかりキャッチ+背中もカバーしてくれるデザインになっているので、たるみがちの部分をバストに入れ込むのに最適なデザインだと言えます。

また、アンダーバストを支えるゴムが他の商品よりも太く(でも苦しくない!)、胸を下からリフトアップする力も十分にあります。着心地の良さ・コスパ・デザイン…すべてにおいて、バランスが取れているナイトブラだという印象です。

寝ている間の揺れ動くバストを守って、上向き美乳をキープしたい…!そうお考えであれば、一度Viageビューティーアップナイトブラの公式サイトを覗いてみて下さいね^^

昼ブラ・夜ブラ、それぞれバストの下垂に効くものを同時に使用してあげるのが一番理想的ですが、まずはどちらか一方からゆっくりと挑戦したい…!という方も中にはいらっしゃるかもしれません。

そういった場合は、どちらから優先させれば良いのでしょうか…?こちらについては、人それぞれの状況に合わせた答えがあるのでチェックしてみましょう。

  • 普通の昼ブラを着けている・ナイトブラ着けていない→ナイトブラから挑戦!
  • 普通の昼ブラを着けている・現在のナイトブラに満足していない→ナイトブラをまずは見直す!
  • 普通の昼ブラを着けている・現在のナイトブラに満足している→垂れ乳を補正できる昼ブラに挑戦!

垂れ乳を防ぐのにまず一番大切なのは、自分にピッタリのナイトブラを着けて夜に寝る事です。寝ている時のバストは寝返りを打つたびに、右へ左へ…と大きく揺れ動きます。

クーパー靭帯を守る大切なアイテムとして、まずは寝ている時のブラから見直しましょう。それがクリアできてから昼間のブラを見直す、といった順番でブラ選びをするのがおすすめです。

ふわりみでは、先ほど紹介したviageが寝ている時のブラとして最も効果が出たブラだったのですが、以下より全部で30商品のナイトブラを実際に使ってみた結果からランキングもつくっています。もし気になれば、ぜひこちらもチェックしてみてくださいね。

胸が垂れるのを防止する方法②:大胸筋・背筋などを筋トレで鍛える

続いて垂れ乳に効くおすすめの方法は、大胸筋・背筋などの筋トレをする事です!そもそも、バストが垂れるかどうかのカギを握る「クーパー靭帯」は、大胸筋という大きな筋肉に繋がっています。

その大胸筋を鍛える事でクーパー靭帯を支える力がUPし、垂れにくいバストを実現させてくれるんです。また同時に背筋を鍛える事もおすすめします!

背筋を鍛えると姿勢が良くなるので、自然とバストトップの位置が上がるという効果を期待できます。大胸筋・背筋、どちらもバランス良く鍛えましょう♪

ふわりみでは、大胸筋や背筋に効くエクササイズについて徹底的に調べています。その中で見つけた、大胸筋・背筋どちらも鍛える事ができる簡単な筋トレ動画をYOUTUBEで見つけたので、シェアさせて頂きますね!

ひざを着いた腕立て伏せなので、運動が苦手…という方でも続けやすいかと思います。ちなみに手を着く位置を広げると、より背筋にも負荷がかかるので、ぜひ試してみてくださいね^^

ふわりみではその他にも、バストを上に引き上げる筋トレ・エクササイズについて、詳しくお伝えしているページを設けています。上向き美乳を手に入れたい場合は、参考にしてみて下さい♪

胸が垂れるのを防止する方法③:生活習慣を徹底的に見直す

胸が垂れる原因に「女性ホルモンの分泌量が低下する」という理由がありました。実は生活習慣が乱れていると、さらに女性ホルモンの分泌が上手くいかなくなる…といった悪循環に陥ってしまうんです。

なので、しっかりと正常なホルモンバランスに持っていくためにも、正しい生活習慣を心がける事が大切になってきます。例として3つの意識したい生活習慣をお伝えしますね!

意識したい3つの生活習慣
  • 睡眠時間を十分に取る。
  • できるだけストレスを溜めない。
  • バランスの良い食生活を心がける。

基本的な事ではありますが、ないがしろになってしまっている…という方も多いのではないでしょうか?健康的な生活習慣は、女性ホルモンの分泌量を正常にしてくれて、ハリのある上向き美乳を叶えてくれます。

垂れない胸を作るためにも、まずは自分が出来る範囲でゆっくりと生活習慣を見直してみましょう^^

胸が垂れる事に関するQ&A!

最後に、胸が垂れる事に関するよくある質問とその答えを、いくつか紹介させて頂きます!

産後・授乳後(卒乳後)に垂れた胸を戻す方法はある?

出産間際~出産直後は、赤ちゃんに授乳するために女性ホルモンの分泌量が多くなり、バストも自然に大きくなります。

しかし産後2ヶ月~授乳後にかけて、だんだんと女性ホルモンの分泌量が減るので、バストがしぼむ+垂れる場合がとても多いです。

産後(授乳中)と授乳が完全に終わってからでは、適切なバストケア方法が変わってきます!産後でまだ授乳中の場合は、母乳に影響がでない方法でバストケアをしてあげましょう。

ただ授乳が完全に終わった状態であれば、女性ホルモン分泌量をコントロールする方法などの、効果がより期待できるバストケア方法が試せます。

産後・授乳後のそれぞれのバストケア方法を知りたい場合は、ふわりみ内に詳しくお伝えしているページがありますので、そちらをご覧になって下さいね^^

まだ20代だけど胸が垂れている気がする…。これ以上下垂させない予防法はある?

胸のサイズが大きい場合は、20代からバストの垂れを感じ始める方も多いです。これは自然な事なので、まずは心配しすぎないようにしましょう。

20代であるとしても基本的な垂れ乳ケアの流れは、このページで紹介させて頂いたものと同じです。今のうちから「ナイトブラ+エクササイズ+生活習慣を整える」ことをしっかりと意識して、バストの下垂を食い止めましょう!

胸が垂れるのを整形・手術でどうにかする事はできる?

垂れた胸を豊胸手術などで、上向きにすることは可能です。ヒアルロン酸注射・シリコンバッグ法・脂肪注入法…など、手術の種類はたくさんあります!

効果性・即効性は高いと言えますが、手術になるのでやはりリスクは付き物です。また、予算も高額になってきます。

もし手術や整形をお考えであれば、信頼性の高い病院を選び先生にしっかりと相談した上で決めると良いでしょう。

ノンワイヤーブラってやっぱり胸が垂れやすい?

最近はノンワイヤーブラでも、ワイヤーブラ並みの補正ができるブラもあります。なので一概にすべてのノンワイヤーブラがダメだ!という事ではありません。

しかしやはりワイヤーブラに比べると、補正機能が劣っているノンワイヤーブラがほとんどです。もしノンワイヤーブラを使うのであれば、自分のサイズにピッタリ合う・補正もしっかりできるものを選ぶと良いでしょう。

垂れ乳は努力次第で改善できる!胸が垂れるのを防止する方法を試して上向き美バストをGETしましょう♪

年齢とともに、クーパー靭帯が垂れて女性ホルモンの分泌量が減るので、どうしてもバストが垂れやすくなってしまいます。

ただ、100%若い時のようなバストを取り戻すことは出来ないとしても、今よりも胸の老化を遅らせる・実年齢よりも若々しいバストを手に入れる事は、十分に可能です!

もう私の胸は垂れているから…と諦めるのではなく、今日から垂れ乳ケアを始めてみましょう。そうする事で、半年後・5年後・10年後のバストは素敵に変化します!

歳を重ねても魅力的な美乳をキープしたい…!そうお考えであれば、ぜひ今回お伝えした方法を試してみて下さいね^^

>>もう一度垂れ乳を改善する3つの方法をチェックする!

この記事のURLをコピーする