【最新】バストアップクリームに副作用ってあるの?噂の真実とは…!

バストアップクリームを使って胸を大きくしてみたい!だけど、バストアップクリームに副作用があるって聞いて心配…。

もしかすると、このような事でお悩みではないですか?いくらバストアップしたいからと言っても、副作用があって自分の体に何か起こってしまうのは嫌ですよね。

なので今回こちらでは、理論はもちろん他の人の口コミや私の実体験も踏まえた上で、バストアップクリームに副作用があるのか?を徹底調査した、最新の情報をお伝えしていきます!

不安を解消して、安全にふっくらとした女性らしいバストを目指したいのであれば、ぜひ最後まで読んでみて下さいね♪

バストアップクリームに副作用があるって本当?

では早速、本題からお話していきたいと思います。結論から言うと、バストアップクリームに副作用は「ある」可能性があります…!

えぇ!?あるの?コワイ…と思った方もいるかもしれませんが、安心してください。詳しく言うと、副作用が起こる可能性はありますが、可能性は限りなく低いと言えるのです。

少なくとも、口から摂取するバストアップサプリメントよりかは、副作用が起こる確立はかなり下がります。ただ、起こる可能性がゼロではないというお話です。

また、このようにバストアップクリームに副作用が起こると言われている原因として、2つの成分が密接に関わっている事が分かりました。

  • プエラリア・ミリフィカ
  • ボルフィリン

以上の2つの成分になります。バストアップクリームについて調べている場合であれば、もしかすると聞いたことがあるかもしれませんね!

果たして本当に、この2つの成分は危険性があるものなのでしょうか?続いて、こちらの2つの成分について徹底調査していきたいと思います。

バストアップクリームに副作用があると噂されている2つの成分を調査!

バストアップクリームに副作用があると噂されている理由として「プエラリア・ミリフィカ」「ボルフィリン」という成分が、深く関わっている事が分かりました。

こちらではその2つの成分について、何から出来ている成分なのか?どのような効果があるのか?副作用の可能性はあるのか?というポイントを、しっかりとお伝えしていきますね!

プエラリア・ミリフィカ

  • プエラリア・ミリフィカとは、美容大国タイでたくさん採れる「マメ科のクズと同じ属性の多年生つる植物」です。

    養分を蓄えて大きくなった根の塊の部分に、植物性エストロゲンという女性ホルモンと似たような働きをする物質が含まれています。

プエラリア・ミリフィカが配合されているバストアップクリームを塗ると、その植物性エストロゲンが作用しバストアップをサポートしてくれます。

バストアップに効果的である食べ物として有名な「大豆」の、40倍である植物性エストロゲンが含まれているプエラリアは、とても効果性が高いと言えます!

しかし、女性ホルモンをコントロールする力を持っているので、副作用の可能性もゼロだとは言い切れません。実際に何らかの健康被害を訴える声も挙がっていて、厚生労働省は2017年7月13日に、プエラリア配合の健康食品に気を付けるように注意喚起を行いました。

ただ、こちらに関しては口から摂取するバストアップサプリメントに向けたものであり、バストアップクリームに対しての注意喚起はありませんでした。なので、クリームに関しては副作用の可能性は限りなく低いと言えます。

ボルフィリン


引用:ハナスゲ|園芸手帳

  • ユリ科のハナスゲの根に含まれる「サルササポゲニン」と呼ばれる成分が、ボルフィリンの正体になります。

    脂肪細胞の増殖・分化を刺激して、脂肪細胞のボリュームを増やす事ができるのが認められた、新しい成分です。

ボルフィリンは女性ホルモンに働きかけるものではなく、脂肪細胞に直接働きかける力があります。なのでボルフィリン配合のバストアップクリームを塗ると、塗った部分に直接ボリュームが出るといった作用があるんです!

またボルフィリンには脂肪を蓄える働きもあるため、ボルフィリンで増えたボリュームは中々落ちにくいというメリットもあります。まさにバストアップにはピッタリの成分だと言えますね!

ちなみにボルフィリンは女性ホルモンを直接刺激する成分ではないので、プエラリアのような副作用は起きません。アレルギーをお持ちの場合であれば、副作用が起きる可能性はありますが、ボルフィリンは比較的安全にバストアップをサポートしてくれる成分だと言えます。

「プエラリア・ミリフィカ」と「ボルフィリン」の2つの成分を調べてみたところ、副作用がないとは言い切れないけれど、可能性は低いという事が分かりました。

アレルギーによる副作用はバストアップクリームだけではなく、すべてのクリームに言える事なので仕方ない点もあるかと思います。心配なのはどちらかというとプエラリアによる、ホルモンバラン関係で起こる副作用ですよね。

こちらに関しては可能性はゼロではないけれど、口から摂取するバストアップサプリメントよりも、かなりの確率で副作用は起きにくいという事が分かっています。

実際にバストアップクリームで副作用を感じた人の口コミを探してみた!

バストアップクリームによる副作用の心配は少ないという事が分かりました。しかし念のために、実際に副作用を感じた人がいるのかを徹底調査してみました!

@cosme・楽天・Amazonで見つけた、人気バストアップクリームの口コミを約1000件調べ、何かしら副作用を感じた人の口コミをいくつかお伝えしていきます。

人気だったこちらのバストアップクリームを2本購入しましたが、一本目を使っている途中に小さくポツポツと、赤いできもののようなものが出来始めました。

勿体ないし、なんとしてでもバストアップしたかったので使い続けましたが、ポツポツがひどくなったので使用をやめました。

お風呂上りの血行が良いときに、マッサージしながらこちらのクリームを使用しました。しかし夜寝ている時になんだか痒みが出てしまったんですよね…。肌に合っていなかったようで残念です。

郵送された紙袋からすでにニオイがするな~とは思っていたのですが、実際にこのクリームを開けた瞬間そのニオイの強烈さに、ちょっと気持ち悪くなってしまいました…。

塗ってからしばらく経ったらマシになるかなと思いきや、ニオイが残るタイプのものだったので、さらに気分が悪くなりました。

編集部で1000件ほどの口コミを調べた結果、ホルモンバランスが崩れたなどの「プエラリアによる副作用」を感じている方の口コミは、見つける事ができませんでした。

もちろん人それぞれ体質が違うので、アレルギーであったりその時の体調であるといった意味での副作用が起きている方はいらっしゃいます。

アレルギーがある場合は、事前にクリームの成分をすべてチェックする事が大切ですね。またニオイがきつすぎる!といった感じで、気分が悪くなったという声もあったので、ニオイに敏感な方も事前のチェックが必要です。

今回は比較的知名度がある国産のバストアップクリームのみの調査だったので、これがすべてだとは言い切れません。しかし、今回の結果からバストアップクリームの副作用が起こった場合は、成分が原因で肌に合わなかったという意見が大半を占めている事が分かりました。

プエラリアの影響による「不正出血・生理不順」が起こったという口コミは今回見当たらなかったので、有名な日本製のものであれば安全性は高いと言えるでしょう。

バストアップクリームを3ヶ月使用した私には副作用がなかった。

続いては、編集部の私がバストアップクリームを実際に3ヶ月使用した口コミをお伝えしていきます!

編集部では人気のバストアップクリーム35種類を徹底調査しているのですが、その中でも一番効果性が高いと認定されたセルノートで、3ヵ月間のバストアップに挑戦しました!

実を言うと、私は昔から生理が不規則なことに悩まされていて、産婦人科の先生に勧められ4年前から低用量ピルを服用しています。なので「プエラリア」による副作用があるとコワイなぁ…と思っていたんですよね。

なので3ヵ月の検証をする前に、担当医にセルノートの成分を見てもらい、使用しても良いのか質問をしました。答えは「使用しても問題ない」との事でした!ただ、試してみて何か副作用のようなものが起こった時は、すぐに止めるようにとは言われました。

お風呂上りと朝出かける前といったペースで1日2回・3ヵ月間ぬり続けましたが、特に副作用のような現象は起こらなかったです。バストアップの効果も感じる事が出来て、嬉しく思いました!

ピルを飲んでいるといった大きな心配要素がありましたが、私の場合は問題なく使用できたので良かったです。なのでバストアップクリームでの育乳は、安全性が高いというのが個人的な意見になります。

しかし可能性がゼロとは言い切れないので、私の体験談も一つの意見だといった形で、受け止めて頂ければと思います!

ただ、もしバストアップクリームで副作用が出たらどんな症状が出るの?

他の方の口コミや私の体験談では、プエラリアによる副作用が起こったという例はなかったのですが、万が一プエラリアによる副作用が起こると、どんな症状が起きるのかについてお伝えしていきますね。

  • 生理不順
  • 不正出血
  • むくみ
  • 吐き気
  • 頭痛
  • 肌荒れ
  • 下痢
  • めまい
  • 貧血
  • 腹痛

プエラリアは女性ホルモンに作用する成分なので、生理の時に感じるような症状が多い事が分かっています。万が一このような症状が起こったら、使用する事を控えましょう!

もしこんな現象が起こったらどうしよう…と、心配になってしまうかもしれませんが「大丈夫かな…?」と過剰に思い込みすぎることで、体調不良に繋がったりもします。(病は気からとも言いますよね…!)

しかし口から摂取するバストアップサプリメントより、バストアップクリームはプエラリアによる副作用の可能性がグンと下がるので、比較的安全性の高いバストアップ方法だと言えます。

心配しすぎる事はないと言えるので、リラックスした状態で使用することをおすすめします!

バストアップクリームの副作用から自分の身を守る3つの方法!

では続いて、バストアップクリームを使用する前から出来る、副作用から自分の身を守る方法を、3つのポイントを踏まえてお伝えしていきたいと思います!

国内の信頼性の高いブランドのものを使用する。

近年バストアップクリームはとても流行っているので、日本産のものだけでなく海外のものも注目を集め始めています。ただ薬事法は国によって違うので、海外製のものは日本では入れる事ができない、危険な成分が入っている可能性もあるんです。

その点国内の製品は日本の基準に合わせているので、安全性が高いと言えるでしょう!また信頼性を確認する方法として「販売実績」や「購入者のリアルな口コミ」をチェックする事もおすすめします。

使用量・用途を必ず守る。

バストアップクリームは種類によって使い方・使用量が変わってきます。いくら「早くバストアップ効果を感じたい…!」という願いがあったとしても、多く塗る事は控えましょう。

副作用を起こさないためにも、それぞれのバストアップクリームの規定を守るという事が大切です。最初に説明書をしっかりと確認してみましょう!

パッチテストをする。

自分の肌に合っているのかを事前に確かめるために、パッチテストを行うとより安心してバストアップクリームを使用できるかと思います。

  1. 二の腕や太ももの裏側などといった、体の中で柔らかいパーツにバストアップクリームを少量塗る。
  2. その上から絆創膏を貼る。
  3. 24時間後にその部分がどうなっているのかを確認する。

少し面倒くさい作業かもしれませんが、たくさん塗ったあとに肌に合わなくて大きなトラブルになるよりも、先に少量でチェックしておいた方が良いと言えます。

この時点でかゆみがでたり、赤くなったりといった違和感を感じる場合は、すぐに使用を中止しましょう!

万が一バストアップクリームで副作用が起きた場合は使用を止めましょう。

もしバストアップクリームを使用している間に副作用かも…!と感じたら、すぐに使用を止めましょう。せっかく買ったから勿体ない…という理由で使い続けていると、さらに悪化してしまうかもしれません。

その中でも「プエラリア」による副作用で、例えば不正出血であったり生理に関するものであれば、より慎重になった方が良いと言えます。

また、使用を控えてもその副作用が続くようであれば、病院に行く事をおすすめします。その際には必ず使ったクリームを持参しましょう。

どの成分が自分に合っていなかったのか?を明確にすることで、別のバストアップクリームを試す事もできます。これは、化粧品選びでも同じ事が言えますよね。

例えば、プエラリアによる副作用が出たのなら、プエラリア無配合のものを使用してみたりと、方法はいくらでもあります。自分に合った方法で、ふんわりとした美乳を目指してみましょう!

バストアップクリームによる副作用の可能性は限りなく低い!より安全性の高いバストアップクリームで美乳を目指しましょう!

今回こちらでは、バストアップクリームと副作用の関係性についてお伝えさせて頂きました。口から摂取するバストアップサプリメントと比べて、バストアップクリームによって起こる副作用の可能性はかなり低いという事が分かりました。

しかし、万が一何かが起こった時のために、備えておくことはとても大切だと言えます!もし何か変だなと感じたら、すぐに使用を止めましょう。

安全なバストアップクリームを選ぶポイントとしては、ちゃんと日本の法律に従ってつくられた信頼性の高いものを選ぶ事が大切だと言えます。

ふわりみでは全35種類のバストアップクリームを実際に購入して、どれが一番効果性があり安全に使用できるものなのかを徹底調査しました。その結果をランキング形式でお伝えしているページもあります。

安心して使えるバストアップクリームで、ふんわりしたバストを目指したい…!そうお考えであれば、ぜひこちらのランキングも参考にしてみて下さいね♪

この記事のURLをコピーする